新作ゲーム【トイザらス】

フルイチオンライン

HonyaClub.com

SPONSORED LINK
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

AAA:Advance Active Affiliate

アフィリエイターが考えたアフィリエイトサービス

ブログのランキング★アクセスが増えるブログランキング登場!!

楽天リサーチモニター登録

楽天トラベル株式会社



キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

当ブログはFirefox
調整されております
Firefoxブラウザ無料ダウンロード




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
当ブログでは現在「3DS欲しい?」「歴代DS人気ランキング」、そして「マックスコーヒー好き?嫌い?」というアンケートを実施しています。お気軽にご投票ください。
プレミアム バンダイ
シマンテックストア バンダイナムコゲームス ララビットマーケット HMVジャパン 楽天市場■今すぐおもちゃ・ホビー・ゲーム
楽天|趣味・コレクション市場
アニメイトオンラインショップ 食玩・ガチャガチャ・フィギュアの専門店トイサンタ
ファミコンならファミコンデパート!
当ブログは貴方の応援によって機動しています。人気Blogランキングとかにほんブログ村:ゲーム情報とかをクリックしていただけると、相当に喜びますのでよろしくお願いします。
<< 引退コンサートから30年 (今日のテーマ) | main | 引退コンサートから30年 (今日のテーマ)(BlogPet) >>
歴代ゲーム機の初期価格からニンテンドー3DSの高い安いを考える
| ゲームハード | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
0
    まぁ私も25,000円は確かに高いと思うけどそれはあくまで額面だけで考えたお話であって、スペックだの先進性だの可能性だの考えたら決して高くはないと…
    嗚呼もう、うだうだ言う前にPCエンジンGTを思い出すがいいわ!

    それはともかくたいへん興味深い記事です。

    ITmedia Gamez|日々是遊戯:ニンテンドー3DSは高い? 安い? 歴代ゲームハードの初期価格を調べてみた
    果たして2万5000円という価格は高いのか、それとも安いのか? 確かに「裸眼立体視液晶を搭載して2万5000円」と言われれば安い気もしますし、一方で「携帯ゲーム機で2万円越えは高すぎる」と言われれば高い気もしてきます。
    〈中略〉
    ということで今回は、据え置き・携帯問わず主要なゲームハードの初期価格をまとめてみました。もちろん、それぞれ発売時の時代背景や、機能・ターゲットも大きく異なるため一概には比較できませんが、見比べることでいろいろ見えてくることもあるはず。あくまで参考ということで、ちょっと振り返ってみましょう。
    記事の目玉である価格表を引用するような野暮なことはしませんので、気になる方は記事本文をチェックしてみてくだされ。

    なるほどなぁ。任天堂のゲーム機としては、25,000円って価格は初めてじゃないのね。こうなると、任天堂はニンテンドー3DSに据置機並みの価値と意義を与えているという解釈もできそうですな。いわば、社運を賭けたマシン?
    さて、そんな3DSですが、皆様の購入意思はいかがでしょうか?
    アンケートを作ってみました。コチラ。:


    発売予定日の前日、来年2月25日までの受付です。是非お気軽にご参加ください。

    ニンテンドー・スリーディーエス、任天堂3DS、Nintendo 3DS、【N3DS】、【3DS】
    【関連リンク】

    【関連記事】
    違うブログで書いたものもあります)
    人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へにほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ
    のバナーをクリックして応援お願いします


    スポンサーサイト
    | - | 21:54 | - | - |
    0
      人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へにほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ
      のバナーをクリックして応援お願いします



      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://dmyx2dgamer.jugem.jp/trackback/3281
      スパム対策のため、不本意ながら被リンク制とさせていただいております。
      該当記事へリンクがないと、トラックバックは受け付けられません。
      お手数おかけしますが、ご容赦願います。
      トラックバック