新作ゲーム【トイザらス】

フルイチオンライン

HonyaClub.com

SPONSORED LINK
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

AAA:Advance Active Affiliate

アフィリエイターが考えたアフィリエイトサービス

ブログのランキング★アクセスが増えるブログランキング登場!!

楽天リサーチモニター登録

楽天トラベル株式会社



キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

当ブログはFirefox
調整されております
Firefoxブラウザ無料ダウンロード




RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
当ブログでは現在「3DS欲しい?」「歴代DS人気ランキング」、そして「マックスコーヒー好き?嫌い?」というアンケートを実施しています。お気軽にご投票ください。
プレミアム バンダイ
シマンテックストア バンダイナムコゲームス ララビットマーケット HMVジャパン 楽天市場■今すぐおもちゃ・ホビー・ゲーム
楽天|趣味・コレクション市場
アニメイトオンラインショップ 食玩・ガチャガチャ・フィギュアの専門店トイサンタ
ファミコンならファミコンデパート!
当ブログは貴方の応援によって機動しています。人気Blogランキングとかにほんブログ村:ゲーム情報とかをクリックしていただけると、相当に喜びますのでよろしくお願いします。
<< ドッキュン(今日のテーマ) | main | 2007-06-19の気になる記事(BlogPet) >>
PS2「ギャラクシーフォース」セガダイレクト限定特典は!
| ゲームソフト | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
0
    【PS2】SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.30 ギャラクシーフォースII 〜スペシャルエクステンデッドエディション〜(特典付)
    あのPS2「ギャラクシーフォースII」セガダイレクトさん限定特典となるオリジナル缶バッヂの画像が掲載されています。コチラ

    うぉ〜〜! スーパーデラックス筐体だよ〜〜〜!
    当時のゲーマーには懐かしいんじゃないですかね。筐体のサイズが尋常じゃなく大きかったので、置けるゲーセンも限られていたため直に見たことのない方もいると思いますが、この筐体自体は当時のゲーム雑誌などで一度は見たことがあるはずです。

    傾きの度合いは「アフターバーナー」ダブルクレイドルタイプほど大きくないのですが、横方向の回転範囲が一際大きく、しかも一部のステージ開始演出ではその回転を生かしているために、まだゲームにそれほど没入する前から周りのギャラリーの顔が見えてしまい、恥ずかしい思いをすることで有名な筐体です(笑)。
    ただでさえ大きいのに、駆動中はキラキラ電飾が光り輝くし、何しろ大きく動きまくるものだから、イヤでも注目集まるんですねー。
    ゲームが始まっちゃえば目の前の画面に集中するので、ギャラリーの視線はたいして気にならなくなるんですけども。

    先のメタルプレートもいいと思いましたが、この缶バッヂもいいですねー。
    今回の移植でオミットされた最大要素がフォローされている気がします。
    【PS2】SEGA AGES 2500 Vol.30
    ギャラクシーフォースII
    〜スペシャルエクステンデッドエディション〜
    ソフト単品
    DXパック
    スーパーDXパック
    • 【PS2】ギャラクシーフォースII
    • GFII 缶バッジ
    • M.T.P.S.
    • サントラCD
    GALAXY FORCE II、ギャラクシーフォース2、セガエイジス2500
    【関連リンク】
    【関連記事】
    人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へにほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ
    のバナーをクリックして応援お願いします


    スポンサーサイト
    | - | 23:07 | - | - |
    0
      人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へにほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ
      のバナーをクリックして応援お願いします



      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック機能は終了しました。
      スパム対策のため、不本意ながら被リンク制とさせていただいております。
      該当記事へリンクがないと、トラックバックは受け付けられません。
      お手数おかけしますが、ご容赦願います。
      トラックバック